2020

​アーカイブ

​絵画の写真的経験

絵画の写真的経験_チラシウラ.jpg

 【 会 期 】  2020年3月12(木) - 7月19日(日) 

           ( コロナウイルスの影響により会期延長 )

【 会 場 】    2F展示室  

【 開館日 】  会期中の〔木〕〔金〕〔土〕〔日〕曜日

【展示作家】   照沼彌彦  木村光佑   野田哲也

         北川健次  大矢英雄   篠原奎次

         坂本朝   松井宏樹 

19世紀半ばの写真の誕生は、対象をそっくりそのまま描くことの意味が問われ、絵画においては実際の現実以外のものを描く、必要性が生じるようになったことは言うまでもないことですが、写真が鑑賞者に向かって何かを伝えたり、思想を表現したりするのに役立つ手段であるのは疑われないとして、では、それが絵画とどう違い、それを用いる創造主に対してどういう働きをするのか、私たちはそれを問い返してみる必要があるでしょう。

写真と絵画の違いの一面を言うと、絵画が作家の興味に応じて対象の取捨選択が行われるのに対して、写真は切り取ったすべてを映し出す点にあると思います。人間の視野は、スピードと反比例して狭くなるといわれています。たとえば、180度の視野を持つ人間が、時速40キロの車に乗ると100度の視野になるという具合です。視野の外に取り残された部分は、絵画の場合は、画家の興味と目標物との相関関係によるものですが、写真の場合は、望遠や広角といったレンズに入る視野の違いというか、偶然性による場合が多い気がします。そこでは描かずにはいられないものを描くというよりも、撮影者が衝動的に前へと近づいた構図や、動きのある構成をとるための切り取りという要素が多い気がします。ただ、クローズアップの効果や、シャツタースピードを駆使して大胆な裁断をする、カメラという文明の利器をよく嗜むようになると、多少異なった見解も浮かんできます。たとえば、写真を元にポスターは、実像に理想を足して構図を組み立てるものですが、その、イメージを優先した現実の切り取りでは、欲するものをそこに見出し、ひろい集めるという点で、細密に描き込まれた絵画に匹敵する創造性があると言えるでしょう。

一方で絵画は近代において写真に引っ掻き回されましたが、その反動として、実験的な精神で構図を用いて成長し、多くの成果も生みだします。たとえば、写真を元に製版された版画は、写真のような視覚的なリアリティを持ちながらも、空間性を排除して、装飾性などに気をつけるもので、現実を離れて、はじめて現実に匹敵する、色や形の性質が強く感じられるものです。それらは創造者の腕前がモノをいうモンタージュといえます。絵画の構図とは、現実の中にあるものを見る能力に存するというよりも、細部のとれた単純化を採用し、伝えられないことは描かないということに徹しているのではないでしょうか。中には偶然の産物もあるこの成果は、今まで考えられもしなかった新しい表現を切り開いたと言えます。

ただし、それらを写真と比較することで、主要なモチーフに注目しながらも、絵画が何を描かなかったという問題と、写真で何かを撮影する人物が、いかなる断片を切り取り、いかなる写し方を選んだのかについては概観できるかもしれません。絵画としての写真と、絵画の写真的な経験に注目します。

HOKUBU記念絵画館

HOKUBU Memorial Picture Museum

HOKUBU記念絵画館 〒062-0911北海道札幌市豊平区旭町1-1-36

Tel : 011-822-0306(代表) 

Mail : kaigakan@hokubu-kinen.or.jp

©️HOKUBU Memorial Picture Museum All Righits Reserved