ミニマムな色彩にひそんだ思想と、何らかの形をとらなければならない表現。抽象と呼ばれるにいたった山内龍雄の画論です。

『山内龍雄 評論画集』

¥1,000価格