ミニマムな色彩にひそんだ思想と、何らかの形をとらなければならない表現。抽象と呼ばれるにいたった山内龍雄の画論です。

『山内龍雄 評論画集』

¥1,000価格
  • A5  /  本文108ページ  /  無線綴じソフトカバー

    2015年6月 HOKUBU記念絵画館 刊

     

    著者:小西政秀  /  小西政幸

    協力:ギャラリーTIME
     

HOKUBU記念絵画館

HOKUBU Memorial Picture Museum